(大学生向けプログラム)南三陸未来創造ゼミをスタートします!

南三陸では震災以降、地域のレジリエンス(何が起こってもしなやかに回復する力)を高める動きが進められてきました。
ASCやFSCといった、自然資源を適切に利用しながら一次産業を作る動き、ゴミをエネルギーと肥料に変えるバイオガスの取り組みなど、東日本大震災の経験から、自然資本をより大事にすることが地域の強さを高める鍵だとされてきました。

都市部では、今回大きな騒ぎにはなりませんでしたが、一部海外からの食料輸入が不安定になったり、人の噂で小麦やトイレットペーパーがなくなる、といった傾向も見られました。
世界を見渡せば大量のバッタの発生による食料不安、気候変動、温暖化によって南三陸でも鮭が歴史的な不漁になったり、シラスが急に獲れなくなったり、そのしわ寄せが見られています。
地域で食料を安定的、持続的に生産できていること、エネルギーが循環できていること、などは確実に地域の強さに繋がっていますが、私達はそのあり方を可能性として、環境、社会、経済の面をバランス良くさらに進化させていく必要があります。

南三陸ゼミでは、改めてw/コロナの時代を見据えた地域のあり方はどうあるべきか、複数の視点で考えていきます。

実践型インターン一つ一つのプロジェクトを完遂することで、南三陸のレジリエンスを高める動きに繋げつつ、今後さらにレジリエンスを高めるために地域に足りない社会の要素が何なのかを議論していきます。地域という点で見れば小さなものですが、ここでモデルを作りスケールしていくことで大きなインパクトとなるはずです。

★本プロジェクトは一般社団法人サスティナビリティセンターとのコンソーシアムで推進しています。

プロジェクトの進行プロセス)

本ゼミでは、8月10日〜10月10日にかけて事前研修と下記の実践型インターンシップをオンラインで行います。参加するには各プロジェクトにエントリーしていただき、面談を実施します。

実践型インターンプロジェクトの紹介)
◯三陸から世界に誇る常温蒲鉾を多くの人に知らしめたい!ビジネス拡大のためにその良さが伝わる動画コンテンツの作成とマーケティング戦略を立案せよ!
https://www.project-index.jp/intern/20437

◯映像の力で地域企業の多文化共生を支援せよ!〜言語・文化の壁を越えるツール提供で、心の交流が生まれる職場づくりのお手伝い〜
https://www.project-index.jp/intern/20367

◯持続可能な地域漁業を支える共感マーケティング戦略を確立せよ! 〜ASC認証カキと健康海藻〜
https://www.project-index.jp/intern/20359

◯デジタルファブリケーションで子どもがワクワクする木製プロダクトを開発せよ! 〜遠隔チームでの最先端モノづくり×森林資源が持つ価値の発信〜
https://www.project-index.jp/intern/20339

プロジェクトに取り組む前に、下記の事前研修を受け、事前知識、スキルや心構えを整えていきます。

Day1:オリエンテーション
ー受講の仕方、困った時は
ーインターン受け入れ各社の紹介
ー受け入れ企業より自社の紹介
ー地域コーディネーター自己紹介
ー学生メンバー自己紹介
ーQ&A

Day2:地域のレジリエンスに向けた取組:ASC認証とFSC認証
ー漁業革命とその効果
ーSDGsと環境認証
ーFSC取得で目指すもの

Day3:地域を形づくる土台
ー三陸(リアス海岸、やませ、時間距離が遠い)
ー震災(被害、歴史、復興方針、課題)
ー現在の姿(住宅、商店街、主な事業者、役場)

Day4:都市と地方の関係性
ー何がどのように移動しているか
ー問題の定義
ーレジリエンスという視点
ー地域経済循環、都市との関係性の再構築
ーアフターコロナの世界
ー働き方、就職

Day5:インターンを乗り切る武器を持つ
・コミュニケーション能力開発
ー伝えると伝わるの違い、共通言語を持つことの重要性
ー安心できる環境を作ること、自己開示について
ー助けられ力を発揮する
など

Day6:マーケティング講座
ーマーケティングの基本(4P)
ーターゲッティングの考え方
ーペルソナ
ーターゲットに刺さるとは?
など

Day7:プロジェクト前研修&インターンプロジェクト攻略に向けて(成果の最大化)
ー戦略と戦術
ー適切な目標設定と振り返り
ー受け入れ企業とともに、具体的なプロジェクトの目標設計

★プロジェクトスタートの前後で、地域の社長リレートークを行います。(4名程度)

・インターンプロジェクトスタート
各企業に入り、インターンプロジェクトをスタートさせます。

・中間報告会
企業、地域コーディネーターを中心とした中間のブラッシュアップと議論を行います。

・最終報告会
地域の方を交えた最終報告会を行います。

★6/24、6/27開催のプレゼミの参加学生を募集しています!

プレゼミは本ゼミに興味がある方がオープンに参加できる機会として位置付けていますので自由に参加が可能です。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSejQfusP5GG1FSzq9-8BAxQbYeQQ0jkJMe401I-6Ij4o-ZHZg/viewform

Leave a Comment